Agile Business Rule Development: Process, Architecture, and JRules Examples ビジネスルールによる開発方法論の本。具体例を示すためにIBMのBRMSを使っているが、他のツール(Drools,Corticon等)を使う上でも非常に参考になる開発者必読の本。
Decision Management Systems: A Practical Guide to Using Business Rules and Predictive Analytics (IBM Press) デシジョン管理システム界の大御所 James Taylor の著書。デシジョン管理システムを学ぶにはまずはこれから。開発者だけでなくむしろビジネスよりの読者にもおすすめ
Drools JBoss Rules 5.X Developer's Guide: Define and Execute Your Business Rules With Drools Drools (JBoss BRMS) で開発する開発者にとって下にあげているCookbookと並んで必読の書。まずはこちらで基礎を学んでCookbookへ。Kindle版もあります。
ITエンジニアのための ビジネスアナリシス 要件定義などの上流工程におけるビジネスルールの位置づけを記載した本。実装については書かれていないが、現在、日本語で読めるビジネスルール関連書としては下にあげるビジネスルールマネージメント入門と並び貴重である。
アジャイル経営のためのビジネスルールマネジメント入門 ビジネスルールのコンセプトが書かれ、日本語で読めるビジネスルール関連書としては貴重だが、他のロスの本と同様、実装については書かれていない。
Drools Developer's Cookbook: Over 40 Recipes for Creating a Robust Business Rules Implementation by Using Jboss Drolls Rules 上のDeveloper's Guideを読み終えた読者が、さらに高度なレシピを学ぶための本。Droolsで開発するなら必読。Kindle版もあります。
Knowledge Automation: How to Implement Decision Management in Business Processes (Wiley Corporate F&A)
Smart Enough Systems: How to Deliver Competitive Advantage by Automating Hidden Decisions (Enterprise) Decision Management という言葉を広く世に知らしめた本。やはりJames Taylorが著者の1人となっており、デシジョン管理システムを知るにはこの本も読んでおいて損はないと思います。
Business Rules Applied: Building Better Systems Using the Business Rules Approach 今は、上に挙げたABRD本があるのでビジネスルール開発方法論の1冊目の本としてはお勧めしにくいが、本格的にBR開発をやっていく上では手元において適宜参照したい依然として重要な本
Business Rules and Information Systems: Aligning IT with Business Goals (Unisys)
Principles of the Business Rule Approach (Addison-Wesley Information Technology Series)
Business Rules Management and Service Oriented Architecture: A Pattern Language
What Not How: The Business Rules Approach to Application Development
The Decision Model: A Business Logic Framework Linking Business and Technology (IT Management)
Business Rule Revolution: Running Busine
Jboss Drools Business Rules