おおきな木 木が一生を通して少年に与える切ないほどの強い愛情が、子を育てる親心と重なり深い印象を与える一冊。