シッダールタ (新潮文庫) 最も好きな小説です。僕は定点観測をするような感じで読んでいます。小説は変わらぬ定点で、読み手の年齢や感じ方が変化します。なぜか読むたびに新たな発見があったり、新鮮な気持ちになったりします。この小説は、人生の大きな流れの中で、現在の自分自身の位置や意義、意味などを考えさせてくれます。