森に眠る魚 文京区でおきた「お受験事件」をもとにして描かれた小説。角田さんは今を生きる日本の女の疎外感を言語化できる最もすぐれた小説家だと思う。読み終わってからずっと、心がヒリヒリしています。