競争の戦略 今となっては、古典といっていいのかもしれない。でも、経営戦略の基礎の一部を成したポーターの理論を知る楽しい一冊。
Economics of Strategy 戦略論について経済学の視点からかなり網羅的だとおもう。でもすべてをアタマにつめこむことはそれなりに大変なので万人うけではないかも。
攻殻機動隊 (1) KCデラックス 世界観がいい。学術書と同じくらい考えさせてくれるので、面白い。エンターテイメントとしては、最高点。戦略とエンターテイメントして捉えられなくなったら客観性だけの無味乾燥なものになっちゃうと思う。
サントリー 白州 12年 700ml 1本 日本人を感じたい時のジャパニーズウィスキー。他にも好きなウィスキーはたくさんあるけど、とりあえず白州12年、これはおいしい。クラシックを聴きながら静かにウィスキーを口に含みながら読書なんて最高です。
モノポリー 戦略といえばゲーム。アタマを使ったほうが勝つということではないことがよーく分かる。そこには常に不確実性とリスクが存在しているんだね。
Moleskine Pocket Squared Notebook Classic 僕が5年以上愛用しているのはこの方眼スタイルのLargeというサイズ。これに版図のように戦略を書き込んでいくのが楽しい。図でも数式でも文章でも矢印でも、このノートがどんどん吸収していくのは嬉しい気分。
ラヴェル:ボレロ クラシックの中で一番好きなもののひとつ。分かりやすい旋律。音楽素人の僕にとって、この分かりやすさというのは、直球で心地よい音楽にきこえるような気がします。
大学院留学事典 (2007-08) (アルク地球人ムック―留学事典シリーズ) MBAでの大学院留学についてアルク社から出版物内コメントについて依頼をうけたことがありました。MBA課程では戦略論だけでなく経営全般についてた方面から学べますが、質にこだわらなければMBA取得は比較的容易なので、社会に粗製乱造のMBAが増加しなければいいなと思っています。
NHKスペシャル 映像の世紀 SPECIAL BOX [DVD] 不均衡な国家戦略が招いた結果を示しています。僕はこの映像の世紀は傑作と思いますが、戦略とは企業のためだけではなく、どんな組織、国家にも必要な概念ですね。
サントリー シングルモルト ウイスキー 山崎 12年 (700ml) 白州の次に好きな山崎。山崎が一番という方が多い中で、僕は両刀かもしれません。どちらも捨てがたいところです。
ルービックキューブ (6面完成攻略書付) ルービックキューブはおもちゃではないかもしれません。アートであり、パズルの原点であり、モダンを象徴する都市の一部でしょう。
Ministry of Sound : Trance Nation 1 クラシック・Jazz以外で本当に気分が癒されるとおもったはじめの一枚です。透き通るような世界観は都市の景観と一致しています。
オータム 灰色の空の中に、ガラスの破片が散っています。そんなLonging Loveという曲が心を支えてくれます。
役員室午後三時 (新潮文庫) 城山作品は、高校・大学時代にもっとも良くよみました。やはりこうした日本の旧来的な男性社会といったものは、あこがれと恐怖と闘争心をかきたてられます。