七王国の玉座〈1〉―氷と炎の歌〈1〉 (ハヤカワ文庫SF) 平穏なスターク家を巻き込む政争の嵐。様々な予感をはらんだ群像劇の開幕。
七王国の玉座〈2〉―氷と炎の歌〈1〉 (ハヤカワ文庫SF) 夜警団に入ったジョン。騎馬民族の女王となったデーナリス。成長する登場人物達。
七王国の玉座〈3〉―氷と炎の歌〈1〉 (ハヤカワ文庫SF) 一言の多さが災いし虜囚となったティリオン。彼の口の悪さは自らを救えるか?
七王国の玉座〈4〉―氷と炎の歌〈1〉 (ハヤカワ文庫SF) 前任者の急死の謎を探るエダードは、ついに真相に辿り着くが‥‥。
七王国の玉座〈5〉―氷と炎の歌〈1〉 (ハヤカワ文庫SF) 試練を乗り越え、それぞれの道を進む登場人物達。第1部の大団円。
王狼たちの戦旗〈1〉―氷と炎の歌〈2〉 (ハヤカワ文庫SF) 故郷を目指すアリア。王の手となったティリオンの活躍。新展開!
王狼たちの戦旗〈2〉―氷と炎の歌〈2〉 (ハヤカワ文庫SF) 十年ぶりに故郷に戻ったシオンは、人々の冷たい目線に焦りを感じていた。
王狼たちの戦旗〈3〉―氷と炎の歌〈2〉 (ハヤカワ文庫SF) 王からの虐待に耐えるサンサは、脱出を夢見る。
王狼たちの戦旗〈4〉―氷と炎の歌〈2〉 (ハヤカワ文庫SF) スタンニスの敵達の不審死。騎士ダヴォスはそのおぞましい真相を知ってしまう。
王狼たちの戦旗〈5〉―氷と炎の歌〈2〉 (ハヤカワ文庫SF) 王都に迫るスタンニスの軍勢。ティリオンの策はあたるのか?
剣嵐の大地〈1〉 (氷と炎の歌 (3)) 思いもよらない結婚を強制されたサンサの周囲に、様々な陰謀の陰が‥‥。
剣嵐の大地〈2〉 (氷と炎の歌 3) ジェイムは女騎士ブリエンヌと王都を目指すが、思わぬ悲運に見舞われてしまう。
剣嵐の大地 3 (氷と炎の歌 3) 試練を乗り越え、壁に戻ったジョンはある選択を迫られる。