プリーズ・キル・ミー (Garageland Jam Books) アーティスト、マネージャー、ジャーナリスト、グルーピー、ローディーなど当事者たちの証言を集めて構成されたアメリカン・パンク・ヒストリー。
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドからコントーションズまで、ろくでなしたちの生き様がめちゃくちゃ赤裸々に描き出されています
いるべき場所 (Garageland Jam Books) ロッキンオン読者文化、東京の80年代ニューウェーヴ文化、日本語ラップ黎明期、サウンドデモ等々、さまざまなシーンを渡り歩いたラッパーECDの音楽的自伝
アメリカン・ハードコア (Garageland Jam Books) 後に映画化もされたUSハードコアヒストリーの決定版。まずはこれを読め!