修身の教科書 全ての日本人必読の書

日教組と民主党が予算削減し、ドンドン日本人の心を忘れさせようとしている今こそ全国民に読んで欲しい。
くたばれ平和主義 (マンガ入門シリーズ) テレビや新聞の情報を信じきっている人に初めて勧める本として最適な内容です。



個人で平和を唱えるのは自由ですが、国のあり方として軍事力の放棄などを語るのはあまりにも無責任です。
リベラルが日本を潰す 保守新生 真正保守の櫻井よしこ女史、平沼赳夫氏が対話形式で民主党、自民党、これからの保守について語ります。



対話形式でとても分かりやすいです
ゴーマニズム宣言SPECIAL 昭和天皇論 小林よしのり氏の本でかなり当たりな本です。



日本国民が天皇陛下を知るための入門書に最適です。
民主党はなぜ、頼りないのか 不毛の二大政党制の根源を探る 「偽メール問題」の裏話から「小沢一郎・不動産疑惑」まで、



自民党政調会の「民主党ウォッチャー」が最新情勢を分析。

永田町を知りぬいた男の「最新日本政治分析」。

前内閣総理大臣首席秘書官飯島勲氏との特別対論

「だから民主党にはまかせられない」収録
なぜか誰も書かなかった民主党研究 『日本の未来は誰に託せば良いのか、この本にはその答えがあります』



自由民主党幹事長代理安倍晋三(推薦文より)



自民党政務調査会であり、慶応大学大学院講師の論客が、果敢に展開する「野党批判論」
反日マスコミの真実2011―国籍をなくした報道の、恐ろしい情報統制(OAK MOOK 363 撃論ムック30) 侵略国家中国の報道されない事実に踏み込んだ内容。



◎総特集/バージョンアップした、メディア偏向と情報操作



◎総特集2/尖閣戦争マスコミが静止した日

◎特集1/メディアの解剖

◎特集2/報道されないニュース

その他、テレビで政治的信条なく左翼的な発言を繰り返す「なんとなく左翼」の事などにも触れています。
ネットvsマスコミ!大戦争の真実―不祥事続きのマスコミへno!ネットの逆襲 (OAK MOOK 142 撃論ムック) 秋山ヌルヌル事件について単行本で初めて取り上げた一冊。

「2ちゃんねる」などのネット住人が疑惑を追求していく経緯、グローブ細工疑惑やレフリー買収疑惑、秋山の前科などはもちろん、

「すっごい滑るよ!」まとめサイト についても取り上げている。



「 なか見!検索 」で秋山ヌルヌル事件のページを見ることができる。
反日マスコミの真実2−メディアの情報支配から逃れる方法 (OAK MOOK 193 撃論ムック) メディアの情報支配から逃れる方法。



日本が危機を迎えている。それは、いつも報道される政治と金、汚職、政局の混乱、といったものではなく、マスコミが決して報道しない情報の中に潜む、深刻な危機なのだ。



言論弾圧をめざす21世紀の治安維持法、「人権擁護法案」。日本を解体する「外国人参政権付与法案」。
「反日マスコミ」の真実−日本を中国、韓国の奴隷にするのか?! (OAK MOOK 126 撃論ムック) 日本の敵は日本人!今、最も危険な「反日マスコミ」の正体!



「反日マスコミ」の恐ろしい実態を、識者、ジャーナリストらが明らかに



朝日新聞を筆頭に、TBS、NHKなどの歪んだ偏向報道の全てを暴く。



日本人を偏向報道の洗脳から守るため、一家に一冊、全国民必読の書!
危ない!人権擁護法案 迫り来る先進国型全体主義の恐怖 「危ない!人権擁護法案 迫り来る先進国型全体主義の恐怖」



【人権擁護法案を考える市民の会 (編集)】



ある日突然、人権擁護委員会から出頭命令。礼状なしの立ち入り調査。



「人権侵害」と決め付けられたら氏名を公表、文句あるなら裁判しろ…こんな恐ろしい法律がつくられようとしている。迫り来る先進国型全体主義の
中学生にも分かる慰安婦・南京問題−聞け!「アジア」の叫び〜捏造、プロパガンダ、何でもあり (OAK MOOK 146 撃論ムック) 2007年になって、米国で突然持ち上がった「慰安婦問題」。



日本国内ですでに決着していた慰安婦問題、虐殺があったことが疑わしい南京。



それらが、歴史カードとして日本に突きつけられている。



歴史の真実はどこにあるのか? なぜ、日本は歴史問題で攻撃されるのか?



そんな疑問を、分かりやすく、多くの資料
民間防衛ーあらゆる危険から身をまもる 武力を使わないで他国を侵略する段階を説明しています。

マスコミは乗っ取りがほぼ完了しており機能していません。。

クチコミでも身近な人に広めましょう。

日本は今、侵略されつつあります。平和ボケから目覚め、行動を起こしましょう!