人生生涯小僧のこころ 『二荒』で描かれる、日光の開祖、勝道上人の苦闘の様子が現代によみがえるかのようです。この本には人生を深く考えさせるだけの、本当にすごい世界が描かれています。おすすめ。
日光避暑地物話 明治以来の日光を描くことで、「東京アングリング・エンド・カンツリー倶楽部」に関する歴史を丹念に追いかけた本。意外な歴史を発掘してきた貴重な一冊です。