前世を記憶する子どもたち 2: ヨーロッパの事例から