恋する回路     (角川ルビー文庫) ★★★★これは!!面白かったです。お仕事の話もたっぷりだったし、恋愛面も面白かったです。CPになったのも中盤ぐらいで、それからヤキモチやらすれ違いやらそしてラストは甘い?感じでそっても良かったです
偏愛メランコリック (プラチナ文庫) ★★★★あらすじで感じた怖いというかちょっと苦手な感じで恐々読んでいたのですが、すっごく中身は面白い!しすごく攻めの夏目が可愛かったです。ちょっと壊れ気味の夏目だけど、すごい気に入ってしまいました。


冗談やめて、笑えない (プラチナ文庫) ★★★★この受けちゃん面白い!地味顔って事で性格もあれなのか?ウジウジ?って思ったけれど、すごいポンポンと会話がとても面白かったです。だからなのか一途な所もすごくメリハリになっていてとても良かったです。ちょっとヘタレな攻めが・・・、でしたけれど。


子連れ狼と恋の牙 (ルナノベルズ) ★★★前半はほとんど受けの説明らしき文章でお話が進んでいってしまい、二人のやりとりっていうのがかなり少なかったです。サクサク読めるんだけど、ラストがなんか中途半端?って感じで終わってしまったように思います
ターン・オーバー・ターン (クロスノベルス) ★★★告白したと頃から始まるお話でした。割りと楽しめたのですがライバルが女性!っていうのがちょっと勿体無い気もしますね。女性相手ライバル宣言!っていう形なのですが、男がライバルだったらもっと面白いかも♪と思ってしまいました
弁護士はひそかに蜜愛 (リリ文庫) ★★★★このCP好きです。今回も最初のCpに戻ったのでどんな展開?かと思いきや甘い事は甘いけれど、朋がまた辛い事になってました。今回ははっきりしなかった成瀬に朋の心も揺れ揺れですごく楽しめました♪


指先がすれ違う (白泉社花丸文庫) ★★★★新人様です♪あらすじ読んで飛びついたのですが、もう一押し、二押しあったらもっと切なかったのになぁという思いはありましたけれど、設定も好きなので結構気に入りました♪なにより挿絵が素敵でしたね!!




ぼうや、もっと鏡みて (白泉社花丸文庫)
深愛 プライベート写真 (二見書房 シャレード文庫) ★★★★面白かったです。ちょっと受けのウジウジ具合にはイライラしましたけれど、楽しく読めました。あの写真記憶という能力もちゃんといかされていて良かったです。この後のラブラブな二人を是非読みたいですね♪ きっと自分に自信がもてたら彼はすっごく仕事も出来るわ、可愛いわ!と攻めをヤキモキさせるんでしょうね~♪


おーちゃんとちーちゃん (二見書房 シャレード文庫) ★★★コメディかと思ったんですけどちょっと違った。面白い設定なのに生かしきれてないのが物足りなく感じました。


Voice or Noise 4 (Charaコミックス) ★★★全然話しが前に進んでない!イサアドとの絡みが多くて成澤の出番が少ないって思ってたら最後があれじゃあ次巻出るまで待てない!


業火顕乱 二重螺旋6 (キャラ文庫) ★★★★良かったですよね〜♪兄弟の絆が確実に出来上がってきたし、裕太も脱引きこもり!慶輔の最後のオチも満足しました!次巻のキーワードも出てきて早く続きが読みたいです♪今回もヘビィだったんですけどあまりしんどくならなかったのはやぱっり3人の絆と愛があったからですね♪


お気に召すまま (バーズコミックス リンクスコレクション) う~ん。私好みのお話ではなかったです。 元気があって可愛い?というより面白いけどなんか物足り無かったかな?


薔薇色の憂鬱 (アズ・ノベルズ) ★★★★久々の仁科兄弟のお話でした♪何年ぶり?なんでしょうね?この兄弟は上と下と真ん中同士がCPなんですけど、前作は絶版になっていまして、その時から4年後のお話になっていました。お話は上と下のCPのお話でした。心ちゃん変態度MAXのお話になっていて面白かったです。




うちの巫女にはきっと勝てない (幻冬舎ルチル文庫) ★★★今度こそは脇CP出来上がり!!かと思ったのですが、そうは行かなかったですね。でも二人の原点ではないですけど、昔の出来事などがチラっと垣間見れてこれから二人の距離が近づいていくといいなぁっておもいますけど、その前に信頼しあえる上司と部下に戻って欲しいですね。メインカップルは揺ぎ無い!といった感じでした♪