ラヴェル&スクリャービン 新譜「ラヴェル&スクリャービン」のテーマの一つに“舞踏”をあげ、ラヴェルの「高雅で感傷的なワルツ」、「ソナティネ」、「ラ・ヴァルス」やスクリャービンのピアノ・ソナタ第4番と第5番、ワルツ作品38、そして「2つの詩曲 作品32」が収録されている。ラヴェルとスクリャービンという作曲家の共通点は、“目にみえない何か”を音楽で