ベテルギウスの超新星爆発 加速膨張する宇宙の発見 (幻冬舎新書) オリオン座の中で明るく輝くベテルギウスはいつ爆発してもおかしくない状態にある。星が一生の最後に自らを吹き飛ばす現象「超新星爆発」。
2011年にノーベル物理学賞を受賞した「宇宙の加速膨張」という衝撃的な事実は、どのようにして明らかになったのか? 超新星の最新研究をやさしく解説する。
天文学の誕生――イスラーム文化の役割 (岩波科学ライブラリー) 古代より、天球のふしぎな運行を予測し、天変地異の前触れを読みとることは、国の政治を司ることであった。しかし、占星術に端を発する天文学が科学として成立するには、バビロニアや古代ギリシアの成果をどん欲に取り入れざるを得なかった中世イスラーム文化の強い影響がある。残された文献から知られざる事実を追う。
基礎からわかる天文学 宇宙(天文学)の基本」を解説するというテーマの書籍は、これまでにもさまざまなものが出版されてきましたが、内容が多岐にわたることもあり、すべてを網羅しつつ読みやすい、決定版といえるものがありませんでした。本書は図版を豊富に組み込み、太陽系,恒星、銀河など項目別に詳細にわたり解説していきます.読み物としても読み応えがあり、
知のトレッキング叢書 宇宙はなぜこんなにうまくできているのか これほどやさしい宇宙論の本はなかった
なぜ太陽は燃え続けていられるのか。なぜ目に見えない暗黒物質の存在がわかったのか。なぜ宇宙はこんなにも人間に都合よくできているのか──宇宙の謎がよくわかる、村山宇宙論の決定版。
宇宙は本当にひとつなのか―最新宇宙論入門 (ブルーバックス) 宇宙の全体を調べてみると、目に見える物質は5パーセントにも満たなくて、 残りの約96パーセントは正体不明の暗黒物質と暗黒エネルギーだというので す。私たちは、目に見える宇宙こそ宇宙だと思ってきましたが、最近になって それがまったくの間違いであることがわかってきたのです。暗黒物質と暗黒エ ネルギーの正体を探っていくと私た
宇宙に終わりはあるのか?―素粒子が解き明かす宇宙の歴史
4次元デジタル宇宙紀行Mitaka―地球から宇宙の果てへ DVD−ROM付 (ブルーバックス) 宇宙の大きさがリアルに体感できる
137億光年の彼方はどうなっているのか? 私たちが住む天の川銀河はどんな姿なのか? 誰もが「見たかった宇宙」を迫真の画像で描き出す、国立天文台の4次元デジタルビューワ「Mitaka」を詳細な解説と名場面のスクリプトつきでDVD-ROMに収録! 
膨張宇宙の発見: ハッブルの影に消えた天文学者たち 20世紀初め,巨大望遠鏡と天体物理学という新たな手段によってヨーロッパを追い越していくアメリカ天文学の舞台に現れた登場人物たちはみな個性的で魅力的だ.宇宙自体が膨張するという考えには最後まで懐疑的であったハッブルだけが,その発見者として知られているが,なぜ他の天文学者はその栄誉を勝ち取れなかったのか? 最近出色の宇宙論
宇宙のしくみ―わかったことわからないこと最新宇宙論 IPMUの6人の頭脳がわかりやすく解説 (学研雑学百科) 宇宙について、どこまでわかり、何がわからないかが、よくわかる。東京大学数物連携宇宙研究機構の6人の科学者がわかりやすく解説。最先端研究者ならではのリアリティあふれる内容。
4%の宇宙 宇宙の96%を支配する“見えない物質"と“見えないエネルギー"の正体に迫る 「この宇宙は加速膨張している!」
2011年のノーベル物理学賞をそろって受賞した米ローレンス・バークレー国立研究所のソウル・パールムッター教授、オーストラリア国立大学のブライアン・シュミット特別教授、米ジョンズ・ホプキンス大学のアダム・リース教授らは、独自の超新星探査プロジェクトの観測結果から、誰も予想しなかった結論を